Health Info

ベルグラスサプリメント開発者からの健康情報

ポリフェノール

【栄養成分】ポリフェノールは活性酸素から細胞を守ってくれるたのもしい植物成分の一つ。

ポリフェノールとは、植物の渋みや苦み成分あるいは色素成分として存在する物質です。植物は動物と違って移動することが出来ないため、このような物質を作り出して紫外線や病原菌、害虫などの外敵から身を守っていると考えられます。ポリフェノールの中で構造的にフラボノイドと分類されるものもありますが、その目的は同じです。ポリフェノールには強力な抗酸化作用があります。紫外線により発生する活性酸素を消去し、細胞が傷ついて成長が阻害されるのを防ぐだけでなく、遺伝子を守るはたらきもあります。
このポリフェノールを私たち動物が摂取することで、体内で抗酸化物質としてはたらきます。全身の細胞は、活性酸素を消去する抗酸化酵素をつくり出していますが、悪い生活習慣やストレス、また環境の問題などで過剰な活性酸素が発生した場合、細胞がつくる抗酸化酵素だけでは対処できないこともあり得ます。そのような場合、抗酸化ビタミン(CやEなど)と協同で、ポリフェノールが細胞を守ってくれることが期待できます。ポリフェノールやフラボノイドは、それらをつくり出す植物によってそれぞれ構造が違うため、体内に取り込まれたとき、その機能を発揮する場所が異なってくると考えられます。そのため、多種多様な野菜や果物を摂取する食習慣が、からだの抗酸化力を高く保つ上で必要です。また、ポリフェノールは食べずに捨てられる部分に多く含まれていたり、通常食することはない植物に有用なポリフェノールが存在していたりすることもあるので、サプリメントで摂取する価値が十分にある成分です。

代表的なポリフェノールやフラボノイド

  • 緑茶カテキン
  • イチョウ葉フラボノイド
  • 大豆イソフラボン
  • 柑橘フラボノイド
  • プロアントシアニジン(ぶどう種子など)
  • リスベラトロール(ぶどうの皮など)
  • ルチン(ソバなど)
  • アントシアニン(ベリー類、アセロラなど)
  • ケルセチン(たまねぎ皮)